結婚指輪の輝きよ永遠に|2人に灯し続ける愛の光

新郎新婦

古くから伝わる習慣

リング

古代ローマ時代に始まった婚約指輪の習慣。指輪が初めて人類に使用されるようになったのは、古代エジプト時代まで遡ります。ですが、当時は婚約指輪を贈る習慣は存在していませんでした。古代ローマ時代になり、結婚の約束をした証として男性が女性に鉄の指輪を贈り始めたのが、婚約指輪の始まりだと言われています。古い歴史を持つ婚約指輪ですが、以外にも日本では歴史が浅いのです。1960年頃に婚約指輪が日本でも導入されるようになりましたが、当初は真珠や誕生石を用いたものが主流とされていました。それが1970年代に入ると、テレビCMの影響もあり、ダイヤモンドの婚約指輪が普及しました。

銀座で婚約指輪を購入する際は、ジュエリーショップへ行きましょう。銀座には数多くのジュエリーショップがあります。カップルの中には婚約指輪を2人で選ぶ人もいますが、サプライズでプロポーズをしたい男性は1人で選ぶ必要があります。そのため、彼女の好みをリサーチする必要があります。銀座にあるジュエリーショップでは、女性スタッフが働いているところがほとんどです。婚約指輪選びに迷った時は、彼女の好みを伝えた上で、婚約指輪選びを手伝ってもらうと良いでしょう。
また、婚約指輪選びにかかる時間を短縮したい人は、銀座にあるお店のホームページやパンフレットなどで、取り扱っている婚約指輪を確認すると良いでしょう。そうすれば、店頭で悩まずに婚約指輪を購入することができます。